テーマ:映画

映画「アイアンマン」(2008米)

久々にレンタルで映画を借りて観た。 アイアムアイアンマン、ってなんだか早口言葉みたい。英語勉強中の人がらしく喋ろうとすると、なおさら難しそうだ。 # あ、これちょっとネタバレだ。 ってのはおいといて、、、 この映画、アメリカの人は「すげー!」とか「さいこー!」とか言ってるのだが、私的には正直期待外れだった。 なんていうか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

攻殻2.0 (ネタバレあり)

1995年に公開された「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」を「3DCGで全編リニューアル」した「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」が"再上映"、ということで観に行った。 オリジナルは劇場で観ていない(ビデオとBSデジで観た)ので新鮮ではあったが、正直残念な部分が。 2.0を観てない人、オリジナル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「エクステ」(2007)

他の評論によると、パニック・ホラーとジャンルされているが、私的にはコメディ・ホラーです。 まぁ、よくできてはいるが、CGの甘さが目立つし、他も作り物感が出ていた。 キャスティングは良いと思う。大杉漣の演技がこれまた奇怪しい、というか可笑しい。(これがコメディーとジャンルする要因) ヒロインである栗山千明は、今までクールでミステリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「サイレントノイズ」(原題WHITE NOISE)(2005)

邦題のサイレントノイズは静かな雑音の意であり、雑音の中に小さく、何かした雑音とは違うものが小さく聞こえる、ということからであろうと思われる。 原題のWHITE NOISEは放送のないラジオで流れる「サー」という雑音のことで、いわゆるアナログな現象である。 アナログなので、登場するのはラジカセである。 近年デファクトスタンダードにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「日本以外全部沈没」(2006)

日本沈没の逆バージョン。もちろん小松左京作、ではない。筒井康隆のパロディ・コメディである。 世界観がすごい。色んな国がからんでくる。しかし、中身は希薄だ。 題名のとおり、日本以外が沈没してしまうわけだが、沈没後にその国に居た人が日本に来る、っていうのはどうなんだろうか。 また日本人以外が差別にあう、という部分は正直あまり面白くない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MPEG4 AVC = H.264

MPEG4と呼ばれる形式にはたくさんのビデオ・オーディオフォーマットが存在する。 その中のH.264という形式がMPEG4 Part 10 AVCと呼ばれ、製品では単にH.264/AVCや、MPEG4 AVCと表記される。 現在主流になっているDVD VideoはMPEG2形式で、キレイな画質でも高精細度テレビジョン放送(HDTV=…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ヴァン・ヘルシング」(2004)(HD DVD版)

HD DVD録再機搭載機を購入したので早速これを買った。 液晶テレビは奥行き感が無いとか言われるが、この映画は液晶テレビで見ても美しく、奥行き感と透明感があった。 背景はほとんどがCG合成なのだが、かなり上質に出来上がっており、カメラワークとの融合も緻密だ。 この綺麗さは、HD DVDであれ、Blurayであれ、その差はないだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」(2005)

最近続編が公開された映画の初編。 やっぱり(?)アメコミ原作なSF。 映画の冒頭は超能力と関係あるのか?と思いつつも、他の「前置きの長いSF」と違い、うまい流れで説明になっているところが◎である。 そして超能力の発揮。この流れの作り方が普通なんだろうけど、他のが眠くなるような作りをしていたのこともあって、この作品では思わず前のめり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「ピンクパンサー」(2006)

他に言うことなし、の、お馬鹿度100%! ただの意味不明なドタバタが多く、ギャグは日本人のセンスには合わないと思われるのがほとんど。 英語圏の人なら少しいは面白いんじゃないかと。 まるで1970年代のギャグ映画を観ているようで、「ギャハハ」と笑えるところはなかった。 まぁ、古いピンク・パンサーをリメイクしたものだから、仕方ないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「The Exorcism of Emily Rose」(邦題「エミリー・ローズ」)

エミリーに何が起こったのか。神父は何を見たのか。 人の手の届かない世界のことを、法廷で決着をつける。 人間は神や悪魔といった世界が絡んだ事をどのようにして結論づけるのか。 最初はホラーやスリラー的な映像の多い映画かと思っていたのだが、メインは法廷。 陳述を都度、映像で表現する、というのがこの映画の流れ。 よくある手法ではあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「28 Days Later」

AEONFLUX、ULTRAVIOLETが似たような映画、というのは、その舞台となる状況へ至るまでのストーリーが 「人類は新種のウィルスによって」ということになっているから。 で、この 28 Days Later はというと、「新種のウィルスによって」というまさにその状況にある映画だった。 うーん、似たようなストーリーが多い気がす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ULTRAVIOLET」

すっかり評価blogになってしまっています。 日曜日にULTRAVIOLETを見ました。 これも買っておいて、放置してたものです。 アメコミ風の表紙が並べられたオープニングから、元々アメコミだったのか、とか思ったのですが、違うようです。 設定が複雑なようで、最初から長い説明があり、聞いたことのあるような内容で「またか!」あるいは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「AEONFLUX」

気になって買っておいたものを、やっと観ました。 元々連続アニメ(っていうのでしょうか)だったものを映画化しているので、設定や物語の背景を理解してもらうべく、最初から長い説明があり、いきなり飽きそうでした。 感想は、うーん、B級?て感じ。やっぱり詰め込み感が否めません。 CGに関しては良く出来てる、としか言えず、違和感バリバリで、前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「グエムル-漢江の怪物-」

Amazonの評価ではイマイチとされていたグエムルのDVDをわざわざ買って、観ました。 えーと、他の人の評価内容もわからなくはないです。 が、私としては面白かったです。 ジャンルとしては「パニック映画」ですが、私が観る限りは「ドタバタ映画」ですね。 よくパニック映画は怖いようなイメージがありますが、全然怖くないですし、怪物映画に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「首都消失」デジタルリマスター版

DVDを買って全然観てなかったので日曜日に観ました。 1986年製作、1987年公開の映画なので実に20年前の映画です。 撮影された風景もなんとなく懐かしいです。 渡瀬恒彦、山下真司、若い。でも今もあまり変わらない気がする… リマスターということもあって、評価の高い映画と判断していました。 この映画に期待していたのは、ハラハラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ブラック・ダリア

10月14日公開の映画。日比谷スカラ座/新宿東亜興行チェーン、ほか全国ロードショウ。 1947年に実際に起こった事件を映画化。実は今までにも何回か映画化されていたりしたらしい。 ホラーではなく、スプラッタでもなさそう。面白そうなのでチェ~ック。 詳しくは、御自分で検索されたし。 というか、これはほぼメモ書きです。ちょうどCMして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more